4

通常総会

平成31年4月16日(火)11:00~12:30

4月16日総会が行われました。
女性会会員 出席者39名 委任状13名のなか、春日井市長伊藤太様、会頭松尾隆徳様
副会頭高栁通様などご来賓の皆様ご臨席のもと、平成30年度女性会事業報告ならびに会計収支決算書・特別会計収支決算書、平成31年度女性会事業計画ならびに会計収支予算書がそれぞれ承認されました。
総会では「商工会議所女性会の歌」斉唱しました。

また活動指針でもある
「わたしたち、商工会議所女性会は、リーダーとして、凛と信を持って連帯し 平和で心豊かな社会を築きましょう」
この指針を改めて胸にとめて活動して行きたいと感じました。

3

岡崎・大府・春日井 3市合同交流会

平成31年3月8日(金)

岡崎・大府・春日井 3市合同交流会

寒さがまだ残る春の初めの3月8日、ホテルプラザ勝川にて、岡崎市・大府市そして私達の春日井市の3市の商工会議所女性会の会員が集まり交流会を開催致しました。
合同交流会は初の試みとあって緊張の中、はじまりましたが、それぞれの地区での活動報告、質疑応答では皆さん熱心に耳を傾ける姿が印象的でした。
その後、昼食を挟みテーブル内での談笑で楽しいひと時となりました。

今回、初めての試みとなりましたが、参加された会員からも高評価であり、各地区の取り組みなどとても参考になりましたので、今後も他の地区の女性会様とも交流することによって、春日井商工会議所女性会がますます発展行くことを望みます。

2

認知症サポーター養成講座 & 笑いヨガ

平成31年2月13日

2月13日研修会にて認知症について研修いたしました。
認知症の症状として「中核障害」から「性格・素質」が加わり
「行動・心理症状」により一連の行動につながるという流れを理解することができました。それを理解した上で私達がどのような行動をしたら良いのか。何かできる事があるのか。
認知症の方やそのご家族を見守り、支援する「応援者」としての心得を学んだ全員に、サポーターとしてオレンジリングを頂きました。
2部では「笑いヨガ」講座でした。長屋紀子先生と一緒にラフターヨガを実践し、作り笑いでも脳は区別ができず身体的・精神的な効果を得ることができるとのことで、みんなで一緒にリズムと共に笑い合い楽しい時間を過ごすことができました。
「あ、ころんじゃった アーハッハ」
「おはよう アーハッハ」 
幸福ホルモンの分泌し、気持ちよく前向きな心で毎日を過ごしましょう!!

1

「学びの会 準備会」を開催しました

平成31年1月30日(水)19:00〜20:30


「学びの会」準備会

平成30年度、31年度のスローガン「〜次世代に繋ごう〜自社の繁栄とここが輝く地域創生」に基づき、若い世代の女性経営者・女性後継者などの社会進出の情報の場を目的とした分科会「学びの会 準備会」を開催いたしました。

女性会として初めての試みで準備会ということもあり、新しい会員の方に女性会とはどんな所でどんな活躍をしどんな学びがあるのかを知ってもらうために、講演形式ではなく、パネルディスカッション形式で行いました。
3名の既存会員の方に登壇していただき、女性会での学びや気づきなどをお話ていただきました。
その後、3つのテーブルに分かれグループディスカッションを行いました。

テーブルディスカッションはセミナー形式のように情報をインプットするだけではなく、気づきや学びをアウトプットすることにより新しい気づきが生まれます。この日も、各テーブル共に活発な議論が繰り広げられました。
また夜間開催だったこともあり、普段はなかなか参加できない方の参加も多く見られました。

参加された方からは、また開催してほしい、経営に関することを学びたい等の前向きな感想をいただきましたので、次回もみなさまに満足していただける内容で開催予定です。

学びの会は、入会検討中の方もご参加いただけます。お問い合わせは商工会議所事務局まで。

2

尾張会長事務局連絡会議

平成31年2月5日(火)10:30~13:30

2月5日に年に2回開催されている連絡会議が一宮商工会議所の新家屋にて
行われました。ラウンド型に配置された会議テーブルには、ひとりずつマイクが設置されており首脳が行うサミット会場のようでした。
各市の会長より恒例の事業報告を行ったのち、質疑応答にてお互いの事業への理解を深めました。
その後、県連の伊藤会長よりひとつの提案がありました。
それは、県内の女性会が一団となって行う事業でした。愛知は女性会の数が全国の中でも北海道に続き2番目に多いと聞いています。全国大会での参加者も目をひく人数だそうです。そんな活発な活動を行う愛知パワーを生かして記念になる会を行いたいとのことでした。実現は少し先になりますが開催されることを楽しみにしております。

1

新春経済講演会

平成31年1月16日(水)

「思うは招く」〜夢があればなんでもできる〜

今年の新春経済講演会は、ドラマ「下町ロケット」のモデルにもなられた、北海道の植松電機の植松努氏の講演との事でとても楽しみに当日を迎えました。

植松氏がロケット事業を始めたきっかけは、子供の頃から言われていた「どうせ無理」という自信と可能性を奪ってしまうこの言葉をなくしたいとの思いからでした。

人はやった事のないことは失敗する、そして失敗はデータとなり乗り越えた時に力になるなど大変興味深いお話を拝聴しました。

講演中に何度か出てきたワード「思いは招く」。これは、思ったらそうなるよという意味で、ずっと思い続けることが大切だという事です。

講演会の後は、懇談会が開催されました。
和やかな時間の中、商工会議所役員議員の方や青年部の方々と交流を深めることができました。